お茶で皆さまの笑顔と健康を考える竹沢製茶

  • お茶のしあわせ
  • こだわり
  • 商品情報
  • 新しいお茶の楽しみ方
  • Teaサロン
トップページ > 茶柱コラム > 茶柱コラム 2019/07


茶柱コラム バックナンバー 2019年 7月

 

フルーツとお茶

2019.07.31

一部では梅雨明けとはいえ時折急な雷雨があり、曇り空が多い日々。湿度は高くじめじめとして気分的にもいま一つサッパリしませんね。 中途半端な気温と湿度のせいでしょうか?
そんな時、休憩時間にお茶を頂いたり、甘すぎない柑橘系のフルーツをつまんだりすると、気分もサッパリしてリフレッシュできたりしますね。
 お茶請けのこと

お茶請けとは、お茶を楽しむためのお菓子などを指します。日本茶に限らず、紅茶やコーヒーの場合でも「お茶請け」という言葉を使うようです。お茶請けは英語で「teacake」といい、茶菓子、お茶とともに出す菓子という意味だそうです。
また、有名ショコラティエのピエール・マルコリーニ氏が「チョコレートに一番合う飲み物は水かお茶」と話して話題にもなりました。 チョコレートのお茶請けなんていうのもいいかも知れませんね。

◎ フルーツとお茶

最近、特に若い方に人気が高い、フレーバーティーには天然のフルーツの香りや甘味を香料としたお茶がありますが、視点を変えれば「お茶とフルーツは合う」って言い換えても良いんじゃないでしょうか? 
フレーバーティーには、保存の関係で水分を除いた「ドライフルーツ」などを合わせますが、冷やした紅茶とフレッシュフルーツを合わせた「フルーツティー」などもあるんですから、原点に帰ってお茶請けに「フレッシュフルーツ」や「ドライフルーツ」というのも間違いではないですね。
フルーツとお茶
◎ フルーツの効果

フルーツは、食物繊維やビタミン・ミネラルが豊富で、様々な点で効果があることは今更言うまでもないでしょう。
子どもの頃、「野菜と果物は毎日ちゃんと食べるように!」ってよく言われたものです。
今にして思うと、多分水溶性ビタミンは体に蓄積しておけないからかな?なんてことを考えました。
そんな美味しく健康的なフルーツですが、以前TBSラジオの(たしか)生島ひろしさんの番組で、糖質と骨の関係というテーマの際に、糖質(なかでも特に果糖)の取り過ぎは骨に影響が出ると話していた記憶があります。
たしか、糖質の取り過ぎは骨を溶かしてしまうとか言うものでした。
糖質を摂ると上がった血糖値を下げるために、インスリンが分泌されます。この時、インスリンを分泌するスイッチとして、カルシウムが働くそうです。糖質を摂る⇒血糖値が上がる⇒カルシウムがスイッチを押して⇒インスリンを分泌、という流れを繰り返すと、どんどんカルシウムが消費されますが、そのカルシウムは主に骨から分泌されるので、骨がスカスカになってしまうそうです。
◎ フルーツを食べる前には緑茶がいい!?

そんな話を、知り合いのお医者さんに確かめたところ、今年5月頃のテレビ番組(たしかソレダメだったそうです。)でも、糖質の正しい知識としてそんなテーマをやっていたぞと!
 ・・・いやいや、その頃は新茶時期でのんびりテレビなど見ておれません。
ということで内容を教えて頂くと、フルーツを食べる前には緑茶を飲むのがいいとか。 
すみません。その話は全く承知しておりませんでした。 
要旨としては、果糖は体内で骨のタンパク質とくっつきやすい性質があるそうです。
sincha01

そして、緑茶に含まれるカテキンには果糖が骨にくっつくのを防いでくれる性質がある、というものだったそうです。
ですから、特にリンゴ・バナナ・ビワなどは果糖が多いので、食べる前に緑茶を一杯飲むと良いということでした。
血糖値については、空腹時にいきなりフルーツだけを大量に食べるとか、むちゃな事をしなければそんなに神経質になることはないんじゃないか?と。 食直後は誰だって血糖値は上がるので、それよりも、毎食のメニューを規則正しくバランス良く、時間をかけてゆっくり咀嚼して食べる事が基本と、お説教されてしまいました ^^;  ごもっともです。
◎ お茶請けにフルーツを!

ティータイムのお茶請けには「和・洋菓子」みたいな固定観念がありましたが、イチゴやぶどう(今の時期ならシャインマスカットとか?)やパインなどのカットフルーツをお茶請けにするのも良いかもしれませんね。 
フルーツによっては、甘味がかなり強いものもあったり、同じフルーツでも甘味の強さが違ったりしますが、料理と違ってそれ自体の甘味は調整できません。
最近は、コンビニデザートにカットフルーツのミックスなどもありますから、無駄なくお手頃に数種類のフルーツを楽しんだりできますね。 
フルーツをお茶請けとしてフルーツの甘味に応じてお茶の種類を変えてみたり、濃さを変えたりして楽しむのも面白いかも知れませんよね♬
line
スタンダードな緑茶から、フレーバーのお茶、和紅茶など、様々なお茶をご用意。
日常生活の様々なシーンにピタっとはまる一杯がきっと見つかります。
茶柱くん_手つき
https://www.takezawa-seicha.co.jp/item/
head011_04


バックナンバー39
ページ先頭へ戻る
    本社・工場
  • 〒420-0005
    静岡県静岡市葵区北番町61の2
    TEL:054-271-3355
    平和工場
  • 〒420-0876
    静岡県静岡市葵区平和3丁目20番8号
    TEL:054-271-2288
    牧ヶ谷工場
  • 〒421-1221
    静岡県静岡市葵区牧ヶ谷2063
    TEL:054-278-4503
    北番町冷凍・冷蔵倉庫
  • 〒420-0005
    静岡県静岡市葵区北番町117-6
    TEL:054-251-7360