お茶で皆さまの笑顔と健康を考える竹沢製茶

  • お茶のしあわせ
  • こだわり
  • 商品情報
  • 新しいお茶の楽しみ方
  • Teaサロン
トップページ > 茶柱コラム > 茶柱コラム 2019/04


茶柱コラム バックナンバー 2019年4月

 

快眠をさそう!?新茶の話

2019.04.30

4月も中頃を過ぎると、お茶屋さんはどこを向いても「新茶」の話題一色です。
今年は年明け以降、暖かい日が続きニュースでも「昨年に続き、例年より早い新茶が見込める」なんて報道されていましたが・・・  なんといざ春が近づいてみたら、3月後半から4月初めにかけての寒の戻りで、むしろ遅れ気味。
つくづく自然にかかわる仕事って思うようにいかないな~~なんて感じてしまいます。
 新茶の意味って!?

全国でも有数のお茶の産地であり、集散地でもある静岡では、地元だけあって毎日「お茶」に関するニュースがどこかしらのメディアで取り上げていますが、最近の30代以下の若い世代では、地元静岡でも間違ったお茶の知識を持たれている方を見かけます。
先日、テレビのニュースで「お茶は1年中とれる常緑樹ですが、その年とれる最初のお茶を新茶といい、古くから初物は縁起物として贈答用などに用いられ・・・」と!  まあ間違っちゃいませんが、横にいたら「オイ!それだけかい?」って突っ込んでいる所です。 確かに初物ではありますが、縁起物かどうかだけじゃありませんよね。
新茶(いわゆる一番茶)と二番茶以降では、同じ入れ方でもその成分に違いが出ます。
 成分的には?

まず、「一年中とれる」は間違いですね。摘栽はおおよそ年4回。それぞれとれた時期により名前が付けられています。
新茶は地域によって異なりますが、日本で一番早い鹿児島で4月初旬、静岡ではおおよそ4月下旬から5月初旬までの短い間に摘栽したものです。  そして単に時期の問題だけでなく、この一番茶は普段飲んでいる緑茶とは少し違い、独特のフレッシュな香りと、目にも鮮やかな明るいグリーンが特徴です。
成分的にも、茶の木に多く含まれているうま味成分で、アミノ酸の一種である「テアニン」を一番多く含んでいます。
テアニンは茶の木の根で作られ成長と共に葉へ移動しますが、日光に多く当たるとカテキンに変化することが知られています。 渋みとして知られている成分ですね。
さて、それでは新茶に戻ってみましょう。 
前年から冬の寒さに耐え、栄養分を蓄え続けたお茶の木が、暖かくなって初めて新しい芽を芽吹きます。 その新芽には、多くの栄養成分が集まり凝縮されているわけです。 当然、テアニンの含有量も1年で最も多く、しかも芽吹いてまもなくまだ強い日差しを浴び続けていないことから、カテキンへの変化も少ない新芽です。
生まれたての柔らかな新芽ですから、そこから出来上がったお茶も針のように細く、手荒く扱えば折れてしまう繊細な形状となります。
よく、一心二葉と呼ばれるように、その新芽の部分のみを摘み取るわけですから、新茶には栄養分タップリで旨味の強い部分だけが集まるということですね。
◎ 新茶の効能

新茶は単なる初物というだけではなく、他の時期のお茶に無いすばらしい成分が豊富に含まれていることは判りました。
では、新茶を飲むとどんな良いことがあるのでしょう?
テアニンには旨味成分としてだけでなく、様々な効果があることが判っています。
①リラックス効果
 脳がリラックスしている時に出るα波。テアニンを摂取するとα波が増加す
 ることが実験で確かめられているそうです。
sincha01

②血圧の安定
 ストレス性の血圧上昇にテアニンは抑制効果があるそうです。
③集中力の持続
 テアニンのリラックス効果で、集中力が持続することが実験で確かめられたそうです。
④睡眠の質の改善
 お茶に含まれるカフェインは覚醒作用があることが知られており、就寝前にお茶を飲むと眠れなくなるとは良く聞く話
 です。 ところが、新茶に含まれる「テアニン」には、逆に「カフェインの作用を抑制する働き」があるそうです。
 新茶以外の時期でもテアニンは含まれています。 ですから、お茶を飲んで「ホット一息」なんていうリラックスされて
 いる描写がされたりしますね。
 でも「成分」のお話でも触れていますが、新茶はカフェインよりテアニンの比率が圧倒的に多くなりますから、カフェイン
 の作用を抑える力もそれなりに大きくなるはず。  そのため質の高い快適な睡眠がとれると考えられるようです。
◎ 快適な睡眠に

薬剤師さんに聞いたところでは、お茶に含まれるテアニンが吸収され、効果が出るまでに約20~30分位(年齢・体格などにより変動あり)とか。 就寝の30分位前に新茶を一杯頂くと、「眠れない」ではなくって、むしろ心地よい眠りが訪れるかもしれませんね。
line
お判りと思いますが、「新茶」という1種類の商品はございません。 産地や品種、合組(ごうぐみ)と呼ばれるブレンドや、茶師の火入れ技術で様々な「新茶」が生まれ、皆様にお届けしていきます。 だから、必ずしも値段が高いものが美味しいわけではありません。
お気に入りの「新茶」をぜひ見つけて下さいね。

茶柱くん_手つき
https://www.takezawa-seicha.co.jp/item/

head011_04


バックナンバー39
ページ先頭へ戻る
    本社・工場
  • 〒420-0005
    静岡県静岡市葵区北番町61の2
    TEL:054-271-3355
    平和工場
  • 〒420-0876
    静岡県静岡市葵区平和3丁目20番8号
    TEL:054-271-2288
    牧ヶ谷工場
  • 〒421-1221
    静岡県静岡市葵区牧ヶ谷2063
    TEL:054-278-4503
    北番町冷凍・冷蔵倉庫
  • 〒420-0005
    静岡県静岡市葵区北番町117-6
    TEL:054-251-7360