お茶で皆さまの笑顔と健康を考える竹沢製茶

  • お茶のしあわせ
  • こだわり
  • 商品情報
  • 新しいお茶の楽しみ方
  • Teaサロン
トップページ > 茶柱コラム > 茶柱コラム 2018/01


茶柱コラム バックナンバー 2018年 1月

 

節分とお茶

2018.01.30

毎年一月も半ばを過ぎると、スーパーなどの店頭には「節分グッズ」が並び始めます。
袋入の豆は定番ですが、豆の他に鬼のお面とトラ模様のパンツ(もちろん紙やビニールですが)も入ったオールインワンのセット、容器が三角コーン型で豆を取り出せば容器は「鬼のツノ」として使えるものなどアイデア満載です。
ほとんどお祭り気分のイベント化しているようにも感じますが・・・。 
 節分とは

節分というと、立春の前日。 今年(2018年)は2月3日(土)となっていますが、本来は季節の変わり目のことで、立春・立夏・立秋・立冬と年4回あるんです。
それがいつの間にか立春の前日のみを指すようになってしまったようです。
古来、季節の変わり目には邪気が入りやすくなるということから、春を迎える前に邪気を払うという目的で豆をまくのだそうです。
 鬼を払う!?鬼って?

鬼は想像上のもの。豆まきとどんな関係があるのでしょう?
古来、災害や病気、あるいは飢餓などの災いはすべて鬼の仕業と考えられていたそうです。
実は、十二支の方位で言うと「丑寅」(北東)の方角が「鬼門」と呼ばれ、鬼はこの方角から来ると考えられていました。 
丑(牛)と寅(虎)? なんか、ツノとトラ模様のパンツがイメージ出来てしまいました。
ちなみに、桃太郎のお話でおなじみの、鬼退治のお供。犬(犬)、猿、キジ(酉=鳥)は同じく、干支の方位で見ると、おおむね鬼門とは対局の「裏鬼門」に位置するようです。
setubun01

身近な家畜の中では、犬より馬の方が人も乗せられ、力強く、お供に向くんじゃないか?って感じた事を思い出しましたが・・・。もしかしたら、お供の選定にはこんな理由があったのかも知れません。
◎ 豆の意味は?

豆は、魔の目(魔目=まめ)”に豆を投げつけて“魔を滅する(魔滅=まめ)”に通じると考えられたようですね。
また、豆は大豆を炒ったものを使用しますが、炒る=射るに通じ、魔の目(魔目=まめ)”を“射る”ことで“魔を滅する(魔滅=まめ)”とされているようです。
また、大豆は米粒よりも大きく、五穀のひとつとして米と共に神事にも使われ、穀霊が宿ると考えられ、邪気を払うのに最適と考えられたようですね。  豆だけに、「豆知識」の一つとしていかがでしょうか? ^^;
◎ 節分に最適なお茶

お正月に飲まれる縁起茶として、以前のコラムで「大福茶」というご紹介をいたしました。 (コラム2014.12.24)  覚えておいででしょうか?
日本では古来、節分には健康長寿や無病息災を願って、「福茶」を飲む習慣がありました。こんなお話をしても、「迷信だし・・・」とか「わざわざ福茶とかしなくても、普通のお茶で良くない?」という声もちらほら聞こえますが・・・
ところが、これって試して見ると結構美味しいんです。
fukucha01s

厳しい冬に柚子湯に入ることで、体が温まり新陳代謝も良くなって風邪予防に効果が期待できるという考え方によるものまんですね。 たしかに、昔から、「冬至に柚子湯に入ると1年間風邪を引かない」と言われていますからね♫
まあ理由はどうあれ、あのなんともいえない香りには本当に心が癒されます
◎ ◎豆まきついでに・・・「福茶」もどき!?

「福茶」を飲まなければ! とか堅苦しく考えず、豆まきついでにちょっといつもと違うお茶を試して見ませんか?
 材料は、豆まきに使った残りの豆と、暖かいお茶の2つだけ。
でも、ポイントを一つ。豆は既に炒ってありますが、もう一度フライパンや鍋、オーブントースター(この場合はアルミホイルなどを敷いて下さい)などで、軽く炒ってみて下さい。 格段に香ばしさが増します
その豆を湯飲みに入れ、アツアツのお茶を注いで、頂きます。 ただそれだけ。
もちろん、湯飲みではなくお茶と共に急須に入れてもOK。その際は、豆を軽く砕いてあげるとさらに香ばしさが増したお茶になります。
ところで、炒った玄米を合わせた「玄米茶」をご存じでしょうか? あっさりとしており、香ばしい香りと味が特徴のお茶として明治後期から飲まれているようですが、こちらは玄米を大豆に変えただけとも考えられます。
でも、玄米とは違う香ばしさが緑茶と混じり合って、いつものお茶がとても香り豊かな飲み物に変わります。
 さらに、この玄米茶に大豆を加えてしまう、なんていうのもアリじゃないでしょうか?
ところで、アツアツのお茶って苦渋みも強くならない?(理由はカテキンのお話などでご存じですよね。)って思われるかも知れませんが、大豆から自然の甘味が出て香ばしいだけじゃなく、まろやかさをプラスしてくれるんです。
むしろ、多少渋みが出た方が大豆の甘味が強調され、引き締まった味わいになるかも。
豆まきのお豆が余ったら、ぜひお試し下さいね♫
line
   季節を感じる天然フレーバーの緑茶が勢揃いの!「ちゃそび」シリーズ!
   実は、「興味あるけど作るの面倒!」って方に、「大豆と玄米のほうじ茶」をすでに
   作っちゃいました♫ ティーバッグでお手軽にお楽しみ頂けます。
   茶柱くんがオススメするお茶の数々はこちらより♫
茶柱くん_手つき
https://www.takezawa-seicha.co.jp/item/chasobi.html

head011_04


バックナンバー39
ページ先頭へ戻る
    本社・工場
  • 〒420-0005
    静岡県静岡市葵区北番町61の2
    TEL:054-271-3355
    平和工場
  • 〒420-0876
    静岡県静岡市葵区平和3丁目20番8号
    TEL:054-271-2288
    牧ヶ谷工場
  • 〒421-1221
    静岡県静岡市葵区牧ヶ谷2063
    TEL:054-278-4503
    北番町冷凍・冷蔵倉庫
  • 〒420-0005
    静岡県静岡市葵区北番町117-6
    TEL:054-251-7360