お茶で皆さまの笑顔と健康を考える竹沢製茶

  • お茶のしあわせ
  • こだわり
  • 商品情報
  • 新しいお茶の楽しみ方
  • Teaサロン
トップページ > 茶の葉宣言

head011_04
茶の葉宣言
head011_04

お茶が日本に伝わって、約1200年。いつの時代もお茶は日本人に欠かせない存在でした。
私達が現在飲んでいる日本茶のルーツは中国で薬として飲まれ始め、その後嗜好品である現在の日本茶となり、ポピュラーに飲み続けられていることを考えると、私たち が普段飲んでいる
日本茶は嗜好品であるとともに日本の風土や環境、生活習慣に合わせて進化してきたように思えます。

昨今ではペットボトルなどの簡単便利な抽出茶などが注目されていますが、同時にお茶の機能性・有効性の化学的な解明も進み、健康にも役立つ「お茶っ葉」で入れるメリットが公的機関で証明され、広く公開されましたそこで、
「お茶で皆さまの笑顔と健康を考える竹沢製茶」だからこそ、あえてお茶っ葉にこだわりました。

20140415_santai_13
竹沢製茶では、毎日美味しく召し上がって頂きながら健康にも役立つ・・・そんな日本茶とは、「茶葉で淹れたお茶なんだ」という事にこだわり、「いつものお茶」をより美味しくより簡単に、そしてなによりお茶を楽しみながら健康に役立てて頂くべく、ここに茶の葉宣言をいたしました。
創業60年。今後も、積み重ねた豊富な経験と、新しい科学的な知識や習慣・ライフスタイルにも目を向け、皆様の健康と笑顔を支えるべく「情報発信」や「企画・開発」を進めてまいります。
(個別の様々な情報は、ホームページ内の各項目でご紹介しています。ぜひご一読下さい!)


head011_04
 chaba おもてなしの心
head011_04

流行語にもなった、「おもてなし」。
でも少し振り返ると、日本ではごく普通の日常の姿では無いですか?
おもてなしの気持ちは、姿かたちは変わっても、日本人の日々の生活の中で頻繁に見ることができます。


個人宅を訪れる客人、会社やお店でのお客様、旅行者、通りがかりの人にもお茶を淹れ、話に花を咲かせたり、労をねぎらったり・・
 どなたも1度は経験されていませんか?
そんな日本のおもてなしと切り離せないのが、老若男女問わず、誰でも美味しく飲めてホッとする、日本茶ではないでしょうか?

 ocyatokasi1
せっかくのおもてなし、お客様に美味しく笑顔になって頂くなら、やはり急須で淹れたお茶
(新しいスタイルでは「水出し緑茶」も究極のお茶の入れ方です)に勝るものはありません。

日本の生活に根差したおもてなしの文化を、これからも大切に受け継いでいきたいですね。


head011_04
 chaba おいしい日本茶をお届けする役割り
head011_04

日本茶は日本の風土・習慣・生活シーンとともに現在に至り、私たちの生活の一部となっていると、いっても過言ではないでしょう。
どなたでも、同じ一つのお茶っ葉が、淹れ方一つで、甘み・旨み・渋み・苦みなど、その時々に様々な顔を見せてくれることをご存じと思います。 そして、その様々な顔を、その時の気分に合わせて楽しんできました。 そして、楽しみと共に健康維持にも寄与してくれました。

喫茶養生訓
【復刻版喫茶養生記】
『薬を飲むならお茶を飲め』
・・・
鎌倉時代に書かれた『喫茶養生記』には、『茶は養生の仙薬なり。延命の妙術なり』と記されており、当時お茶は『薬』として飲まれていたそうです。

そして、
今や世界からお茶の効能について注目が集まっている事を、皆さんはご存知でしょうか?
今日、海外でもさかんに研究が進んでおり様々な効能が解明され発表されているんです。
竹沢製茶では長い間、有機栽培茶(いわゆるオーガニック)や海外へのお茶の提供にも力を入れています。

 私共は日本茶の美味しさ、飲む楽しさや機能性など、日本茶の持つ力や魅力を、日本中の皆様に、そして世界中へと広くお届けしていきたいと考えております

 
01IL01206
ページ先頭へ戻る
    本社・工場
  • 〒420-0005
    静岡県静岡市葵区北番町61の2
    TEL:054-271-3355
    平和工場
  • 〒420-0876
    静岡県静岡市葵区平和3丁目20番8号
    TEL:054-271-2288
    牧ヶ谷工場
  • 〒421-1221
    静岡県静岡市葵区牧ヶ谷2063
    TEL:054-278-4503
    北番町冷凍・冷蔵倉庫
  • 〒420-0005
    静岡県静岡市葵区北番町117-6
    TEL:054-251-7360