お茶で皆さまの笑顔と健康を考える竹沢製茶

法人のお客様へ
  • お茶のしあわせ
  • こだわり
  • 商品情報
  • 新しいお茶の楽しみ方
  • Teaサロン
トップページ > 法人のお客様へ > オーガニックについて

オーガニックについて

オーガニックとは?

 オーガニックとは「有機」や「有機栽培」を表します。では「有機」とは何か?
 簡単に言えば、化学合成農薬や化学肥料に頼らず、有機肥料などにより土壌の持つ力を活かして栽培する農法のことで、
  日本では登録認定機関の認定を受けた農家などが生産したオーガニック農産物には認証マークがつけられ、一目でオー
  ガニック農産物であるかどうかを見分けられるようになっています。
 そのオーガニックの認定基準は各認証機関によって若干異なりますが、基本的には以下の条件を満たすものです。

 【 有機栽培 】
 1.農薬を使わない
 2.化学肥料は使わない
 3.肥料を使用する場合は有機肥料のみを使用する

 【 有機認証 】
 1.圃場は最低3年以上農薬を使っていない
 2.有機肥料であっても化学薬品や重金属が含まれないものを使用する
 3.栽培によって環境を破壊しない
 4.労働条件を厳守している
 5.環境・衛生管理の整備
 6.上記に関する管理プログラムの制定とその実施
 7.上記に付帯する全ての事項に対する第三者認証機関による検査と認証及び年次更新

 以上のように食の安全確認はもちろんのこと、自然環境や働く人々にまで配慮した厳しい条件
 をクリアして初めてオーガニックと呼ぶことが出来ます。
                                                            ぺージ先頭へ戻る

有機認証について

 有機生産とは、事業者(作り手)が有機の基準に従って生産することです。日本では、有機生産の基準がJAS法で定められ
  ています。 有機JAS基準を満たさない生産物を有機食品として販売することは、有機の信頼性を損なうことになります。
 有機認証は、一般的に事業者(作り手)が有機基準に沿って生産したことを、第三者の認証機関が証明するシステムで、誰
  もが信頼できるシステムとして世界各地で実施されています。

 第三者認証では、認証を受ける人と認証する機関(または人)の間の利害関係は厳しく排除されており、また認証業務は
  公明正大であること、差別待遇をしないこと、が求められ有機食品の信頼性を担保しています。
 有機認証を受けた事業者(作り手)は、有機マークを含む「有機」の強調表示ができ、消費者(買い手)はその表示をもとに
  有機食品を購入できます。
 消費者(買い手)が有機食品を正しく選択したい時に役立つ仕組みともいえます。
 有機の審査では、事業者が有機基準に沿って生産し、適切な表示ができる組織かどうかを見ることになります。
 
 当社では第三者認証機関としてJONA(特定非営利活動法人 日本オーガニック&ナチュラルフーズ協会)の認証を受けています。
                                                            ぺージ先頭へ戻る

JONAについて

 JONA(特定非営利活動法人 日本オーガニック&ナチュラルフーズ協会)は、1993年から独立した第三者認証機関の民間団体
  として認証活動を続けており、2000年に有機JAS制度の導入に伴って、農林水産省の登録認定機関となりました。
 尚、JAS法では認証(certification)のことを認定と称することになっておりますが、本質は変わりません。
 現在、JONAの有機認証は、農産物、畜産物、水産物、飼料、加工食品の生産者、加工業者、あるいは流通・販売業者
  を対象です。
 畜産物など実績が少ない分野や水産物のように日本の法律では対象としていない分野でも、積極的に認証を行い、幅
  広い分野の有機認証の要望に対応するように活動しています。
 農産物とその加工食品の分野では、JASだけでなく、欧州、米国、カナダの有機制度に基づく認証も実施しています。

 JONA : http://www.jona-japan.org/
                                                            ぺージ先頭へ戻る

日本の有機JAS制度について

  
日本では、第三者認証を行う機関は、農林水産省の登録認定を受けます。有機食品のJAS規格に適合した生産が行われていることは、その登録認定機関が検査し、その結果、認定された事業者のみが有機JASマークを貼ることができます。 この「有機JASマーク」がない農産物と農産物加工食品に、「有機」「オーガニック」などの名称の表示や、これと紛らわしい表示を付すことは法律で禁止されています。

農林水産省:
http://www.maff.go.jp/j/jas/jas_kikaku/yuuki.html
 JAS

                                                             ぺージ先頭へ戻る

海外への輸出について

 日本食の認知度が高まり、世界各地で日本の高品質な食品を求める人々が増えています。
 日本で生産された有機JAS食品を外国で有機表示する場合、一般的な食品制度はもちろんのこと当該国・地域の有機表示
  制度を満たさなければなりません。
                                                            ぺージ先頭へ戻る

米国向け輸出について(NOP認証) 

NOP認証とは、米国の有機制度であるNational Organic Program 認証のことです。
日本と米国は互いに有機制度の同等性を認めています。
同等性の範囲内の製品(日本国内で生産又は加工又は小分けされた有機農産物・有機農産物加工食品)は、JONA の有機JAS 認定で米国へ有機食品を輸出することができます。

アメリカ合衆国農務省
http://www.usda.gov/wps/portal/usda/usdahome
 USDA


                                                            ぺージ先頭へ戻る

EU向け輸出について

日本とEU は互いに有機制度の同等性を認めています。同等性の範囲内の製品(国内で生産された有機農産物やそれらを国内で加工した有機農産物加工食品)は、JONA の有機JAS 認定でEUへ有機食品を輸出することができます。

EU Organic Farming
http://ec.europa.eu/agriculture/organic/index_en.htm
 EU向け

 
                                                             ぺージ先頭へ戻る

お問い合わせ

   
 

 

 WEBからのお問い合わせ
 
   
 


ページ先頭へ戻る
    本社・工場
  • 〒420-0005
    静岡県静岡市葵区北番町61の2
    TEL:054-271-3355
    平和工場
  • 〒420-0876
    静岡県静岡市葵区平和3丁目20番8号
    TEL:054-271-2288
    牧ヶ谷工場
  • 〒421-1221
    静岡県静岡市葵区牧ヶ谷2063
    TEL:054-278-4503
    北番町冷凍・冷蔵倉庫
  • 〒420-0005
    静岡県静岡市葵区北番町117-6
    TEL:054-251-7360