お茶で皆さまの笑顔と健康を考える竹沢製茶

新しいお茶の楽しみ方
  • お茶のしあわせ
  • こだわり
  • 商品情報
  • 新しいお茶の楽しみ方
  • Teaサロン

お茶を食す!?

ここでは、"お茶を食す"いわゆる「食茶」について考えてみました!
 「ン? お茶は飲むもんだろ?」って違うんです。もっと奥深いンですよ♫
実際に美味しく健康に楽しむ♫「お楽しみレシピ」も合わせて掲載しました!  
茶柱くん_手つき

  
cap_mark 昔々は・・・

お茶の発見は紀元前2700年頃、神農時代と考えられているようです。中国の伝説では、「神農(しんのう、農業・漢方の祖)」の逸話の中で、神農は、野草とお茶の葉を食べていたと伝えられています。
神農とは、古代中国の神とされ、草木の薬効を調べるために自らの体を使い、何度も毒にあたっては薬草の力で甦ったといわれています。 ある時、毒に苦しんでいたとき、傍らの白い花をつけ、さわやかな香りのする若葉を口にしたところ、その葉は腹の中をくまなく移動し、体内の毒が消え、体調も回復しました。その葉の様子は、まるで腸を検査するようだったので、神農は、その葉を「調べる草」という意味を込めて「査」と呼びました。それがいつの間にか「茶」に変化したと言われますこうして自ら発見した薬の効能によって多くの民衆が救われ、神農は薬祖神としてその後、祀られるようになりました。

歴史上、最初にお茶が登場するのは中国最古の薬物書である『神農本草経(しんのうほんぞうきょう)』によるようです。
紀元前2700年頃の 書物「食経」には「茶を飲めば力が出て気分がよくなる」との記述があり、「神農草本」 という書物にも、「神農は百草を味わい、一日七十二の毒にあい、茶を得てこれを解毒 する」とお茶の薬用を説いた一説があります。
昔々は、お茶は「薬」であったという説もありますが、なるほどと納得できる逸話ですね。
CYANOHANA01
                                              ぺージ先頭へ戻る
cap_mark日本でのお茶の広まりは・・・?

日本への伝来としては、臨済宗の開祖となる栄西禅師が1191年中国から帰国の折に茶種と作法を持ち帰り、その飲み方などが日本に広まったという説が有名です。
 (詳しくは、当HP新着情報 14/ 8/28 歴史散歩 茶の歴史  にあります♫)

macha01a-1
栄西の『喫茶養生記』には茶の種類や抹茶の製法、身体を壮健にする喫茶の効用が説かれています。
ここでのお茶の飲み方が、「茶の粉末を湯の中にいれてかき混ぜる」いわゆる抹茶法であったそうです。
ところで・・・「抹茶」ということは、あえて「食茶」とまでは言わなくとも、茶の葉そのものを口にしていたってことですよね?
長い歴史のなか、諸説ある中で何が「正しい!」って話ではありませんが、少なくとも
・最初は、薬として使われ、日本に伝わった。
・今のような「成分抽出」では無く、茶葉そのものを口にしていた らしい。
ってことは、間違いなさそうって考えていいんじゃないですか?
                                                                                                          ぺージ先頭へ戻る
cap_mark「茶を食す」メリットって・・・?

それはズバリ「お茶の有効成分をまるごと全部摂取できてムダが無い!」に尽きるでしょう!
お茶として抽出できるのはお湯でも水でも、「水溶性成分」のみですから全体の30%の成分しか、口に入らないわけです。すると、残りの不溶性成分、特に「脂溶性ビタミン」のビタミンA・Eは、抽出ではほぼ摂取できないということになりますね。
でも、その不溶性(脂溶性)成分にも、有益な成分が非常に多く含まれているんです!
head011_04

【不溶性成分】 約 70%
・食物繊維
・脂質
 ビタミンA(カロチン)
 ビタミンE  など
・クロロフィル
・タンパク質
・ミネラル       など

         
成分グラフ【水溶性成分】 約 30%
・カテキン(タンニン)
・アミノ酸類(テアニンなど)
・カフェイン
・水溶性ビタミン
 ビタミンB1

 ビタミンB2
 ビタミンC  など
・サポニン
・フラボノイド
・水溶性食物繊維
・ミネラル       など
head011_04

最近「食茶」という言葉を耳にします。
色々な定義があるんでしょうけど、せっかくの「茶の葉に含まれる貴重な機能性成分」をまるごと食べて利用しよう!」ってことだと思います。
お茶を嗜好品と考えれば「飲む」なんでしょうけど、「スーパー健康野菜」「スーパー健康食品」と考えたら、やっぱり「食べる!!」のも、”お茶の一つの楽しみ方”じゃないですか?
                                              ぺージ先頭へ戻る
cap_mark 美味しく・お得! 二度も三度も楽しめる「お茶」の楽しみ♫

ペットボトルの飲料も便利ですが、お茶を飲むなら「お茶っ葉」を使えば、もっと安く・美味しく楽しめるんです。 それも、特別なお茶じゃありません!! 「普段のお茶」なんです。
でも、ここではさらにお得に楽しんじゃおうと思います。
そこで、「スーパー健康野菜のお茶っ葉」としての楽しみ方を考えてみましょう。
どんな健康食品でも美味しくないと長続きしません。また、特別な食品ではお金が掛かってしまいますからね!
「お茶っ葉」は身近にある、安くて美味しいスーパー健康野菜なんだ! って言えませんか?
でも、「飲む」物ってイメージが強くて、なかなか食べるイメージが無いですね?
色々な食べ方を試してみましょう!
でも、さすがにそのまま「パリポリ」って訳には・・・いきませんよね~?
簡単な「食べ方」を3つほど試してみました!
ーー 写真をクリックするとレシピが開きます。 よろしければお使いください♪ ーー
ところで・・・共通している「ポイント」って判りますか?  

お茶っぱをそのままで飲んだあとも捨てず粉末緑茶で手軽に

緑茶パスタ
簡単・便利♫ 和えるだけ!
01pasuta
茶葉の佃煮
じゃこや鰹節と! 作り置き可!
02tukudani
緑茶寒天
 食物繊維UP! そのままでも♪03Salad

ーー 写真をクリック するとレシピが開きます。 よろしければお使いください♪ ーー

【簡単レシピの共通ポイント】
これらのレシピの共通ポイントは、油! それも、オレイン酸・リノール酸を多く含む、植物性のオリーブオイルやゴマ油を使っていることです。
不溶性部分に多く含まれる、「脂溶性ビタミン」を効率的に取るなら油を使った調理方法が理想的ってことから、どれもさりげなく植物性オイルと組み合わせています。
でも、第1には美味しく、第2は簡単! そして第3に「その上健康的」♫
これが共通キーワードなんです。 
                                              ぺージ先頭へ戻る
cap_mark1日量の目安は?

薬では無く食品ですから、「1日量はこれだけ!」ってのは無いでしょうね。
でも、湯のみ1杯のお茶には、約1~1.5gつかいます。1日6杯飲むとしたら6~9gですね。
6gの茶葉というと、大さじ1杯くらい! ここに含まれるカテキン類は0.8gになります。
カテキンの有効摂取量は1日約1gといわれています。
大さじ1杯のお茶を食べ、緑茶を1~2杯のめば、ほぼ1日の必要量はとれることになります。
でも、お茶だけで栄養を摂取するわけでは無いですから、毎日食べることを考えるなら1日6g(大さじ1杯)の半分、食事に利用するお茶っ葉としては約3gを目安にしてもいいんじゃないでしょうか?

                                              ぺージ先頭へ戻る

   
 
 竹沢製茶の商品は全国のお茶専門店でお買い求め頂けます。
 お買い求めはこちら
 
     

ページ先頭へ戻る
    本社・工場
  • 〒420-0005
    静岡県静岡市葵区北番町61の2
    TEL:054-271-3355
    平和工場
  • 〒420-0876
    静岡県静岡市葵区平和3丁目20番8号
    TEL:054-271-2288
    牧ヶ谷工場
  • 〒421-1221
    静岡県静岡市葵区牧ヶ谷2063
    TEL:054-278-4503
    北番町冷凍・冷蔵倉庫
  • 〒420-0005
    静岡県静岡市葵区北番町117-6
    TEL:054-251-7360