お茶で皆さまの笑顔と健康を考える竹沢製茶

  • お茶のしあわせ
  • こだわり
  • 商品情報
  • 新しいお茶の楽しみ方
  • Teaサロン
トップページ > 茶柱コラム > 茶柱コラム 2017/11


茶柱コラム バックナンバー 2017年 11月

 

秋の夜長に。目にもやさしい緑茶の話。

2017.11.02

読書の秋などといいますが、加齢と共に増えるお悩みの一つに、目の悩みってありませんか?
「目が疲れる」とか目を休めて回復するものならまだしも、「物が見づらい」など生活に影響するものは困ります。 特に、治療が必要な目の病ならなおさらですよね。
目の病といったら、「白内障」「緑内障」が有名ですが、現在第3の目の病として「加齢黄斑変性」が急上昇中とか。気になりますよね~。
 「加齢黄斑変性」って

症状としては、視力低下や視野の真ん中が見えなくなるとか、物がゆがんで見えるなどが起きるそうです。
一番の原因は「加齢」で、使われなくなった目の奥の細胞を除去する力が弱まってくると、いわゆる「カス」が目の奥(網膜)に溜まって起こるそうです。 
目の表面では無いので自分で取り除くことはできず、人口の高齢化と生活の欧米化により近年著しく増加し、高齢の方になるほど多く見られるようですね。
 mienikui

比較的最近まで治療法がなかったのですが、最近いくつかの治療法が新たに開発されて、多くの患者さんで視力の維持や改善が得られるようになってきたんだそうです。
 予防法ってないの?

「加齢」は避けようが無いですが、何か予防する方法はないんでしょうか?
原因のもう1つは、紫外線などの光の刺激が長年蓄積することなんだそうです。 ですから、日差しの強い時期にはサングラスなどで対策することも有効なんでしょうね。
実は、その他にも最近の研究で予防に役立つ4つの栄養素が見つかったそうです。
その4つとは、「ビタミンC」「ビタミンE」「亜鉛」「ルテイン」だそうです。特に今回は、「ルテイン」に注目してみました。
 ルテインの効果

ルテインはほうれん草・ケールなどの緑黄色野菜に豊富なんだそうです。 ところで、ルテインとはどのような成分なんでしょう? 
ルテインをほうれん草から抽出すると、濃いめの黄色い液体で、天然の色素であることがわかります。
また緑茶の特に玉露やかぶせ茶は、日光を浴びた煎茶(一番茶、二番茶、三番茶)に比べてルテイン含量が高いそうです。
 
実は、ルテインは体内、特に網膜などに多く含まれており、紫外線から網膜を守ってくれているんだそうですが、加齢と共に減少するとダメージを受けやすくなるということのようです。
そこで、加齢で失われる栄養素を食事で補うことが効果的ということが言われているそうです。
 
でも「食事の栄養が直接目に届いて良い働きをする」って言われても、それって、具体的に検証されているんでしょうか?
 menocare
 茶カテキンは緑内障など目の病気予防にも効果あるかも?

例によって、そんな研究をされた方がいるのだろうかと調べて見ました。 そしたら、眼科医さんの論文が見つかりました。 香港の眼科医らの研究発表のようです。
研究の詳細はアメリカ化学会発行のJournal of Agricultural and Food Chemistry誌 2010年2月10日号に発表されていました。
この論文は、カテキンについてのようですね。 カテキンはビタミンCやビタミンE、網膜に含まれるルテインやゼアキサンチンと同じく抗酸化作用を持つ物質で、もし毎日飲む緑茶に含まれるカテキンが目にも届いているとすれば、酸化的ストレスから目を守る効果があるというわけです。
そして、具体的な内容は省略しますが、結果として目の各部分(角膜・網膜・水晶体など)でカテキンを相当量吸収した事を確認したそうです。
また、目のカテキン濃度が最も高くなる時間は摂取後0.5~12.2時間とさまざまで、酸化的ストレスに対する防御効果は摂取後最大20時間持続したそうです。
あくまで、ラットでの検証ですが、「・・・研究結果は緑茶の摂取が酸化的ストレスから目を守るために有効であることを示唆しています」と結論付けられていました。
参考 : http://pubs.acs.org/doi/10.1021/jf9032602

この研究結果から、カテキンと共に緑茶に含まれるルテインも目に有効と考えても良いかもしれない、というのは地元のお医者さんからの(あくまでも)個人的意見です。
でも、薬では無いので大量にお茶を飲んだり、お茶を飲んだから直るというものではないので、お間違い無く
若いときから、日常的にお茶を飲む習慣があると、きっと年を取っても目にもやさしい効果が期待できるんじゃないか?って思う、というお話でした。 
理由は、昔は日本では稀だった(らしい)加齢黄斑変性が、現代にこれだけ増えているということは、食の欧米化に起因する影響が大きいと考えられ、眼科でも様々な治療と共に「食生活の改善」を指導される事が多いんだそうです。 お話を聞いて「日常的にお茶を飲む」という習慣が薄れている状況も、「食生活の改善」すべき要素の一つじゃないかな?って思った次第です。 
◎ 大事な事を一つ!

ところで、調べたら、ルテインって脂溶性でした。 
ということはつまり、お茶をいくらいっぱい飲んでも効果はどうなんでしょう。^^; (もちろん、既にお伝えしたそれ以外の健康効果は充分に期待できますが・・・)
眼の事だけを考えるなら、むしろ今流行りの粉末緑茶を天ぷらの衣に混ぜたり、チャーハンにお茶を混ぜたりと、油を使う料理に使ったり、料理と一緒に「食べる」方が、より効果的かもしれませんね♫ 
つまり、お茶っ葉ぜんぶを摂取するのが良いってことですね。 あるいは、料理のお供に「粉末緑茶ドリンク」も効果的かもしれません。 少なくとも、お茶っ葉には予防に役立つ事がわかったという『4つの栄養素』は全て含まれているんですから♫
いずれにしても、お茶は食材としても香り高く料理を引き立ててくれるので料理の材料にしたり、脂っこい料理と共に食事中の飲み物として「粉末緑茶ドリンク」を合わせて見たり・・・
色々な使い方、楽しみ方が考えられますがいかがでしょうか?
line
   手軽に持ち歩ける「スティックタイプ」の粉末緑茶。
   外食の時、お飲み物にもサッと溶かして、お使い頂けます。

   お料理にもお使いいただくにも便利ですよ♫

茶柱くん_手つき
http://www.takezawa-seicha.co.jp/item/funmatsu.html

head011_04


バックナンバー39
ページ先頭へ戻る
    本社・工場
  • 〒420-0005
    静岡県静岡市葵区北番町61の2
    TEL:054-271-3355
    平和工場
  • 〒420-0876
    静岡県静岡市葵区平和3丁目20番8号
    TEL:054-271-2288
    牧ヶ谷工場
  • 〒421-1221
    静岡県静岡市葵区牧ヶ谷2063
    TEL:054-278-4503
    北番町冷凍・冷蔵倉庫
  • 〒420-0005
    静岡県静岡市葵区北番町117-6
    TEL:054-251-7360