お茶で皆さまの笑顔と健康を考える竹沢製茶

  • お茶のしあわせ
  • こだわり
  • 商品情報
  • 新しいお茶の楽しみ方
  • Teaサロン
トップページ > 茶柱コラム > 茶柱コラム 2014/05

茶柱コラム バックナンバー 2014年5月

「神の道」はエコウッド!


2014.05.30

ECOWOOD
 

「神の道」・・・といっても、宗教の話ではないんです。

まずは、エコウッドってご存じですか? なんと、ユーカリの天然木なんだそうです。

 (よく廃材や端材の再利用製品でエコウッドというものがありますが、全く別物です。)

世界文化遺産の富士山の構成資産として、三保の松原も登録されましたが、ここに、「神の道」という「御穂神社」から「三保松原」に続く、全長500mの参道がありますが、これがエコウッド製とのことです。

「海辺に木製って・・・」と思ったのですが、ナント耐水性(淡水・塩水)にも優れ、耐火性もあるうえに、ユーカリの香りには抗菌作用があるそうですし、いいことづくめじゃないですか?

さらにさらに、当社でも社屋の耐震リニューアルの際に、サロンなどのウッドデッキにも使っておりました。

お茶も同じく「自然の恵み」を扱う仕事ですからエコは気にしていましたが、毎日出入りする通用口の手すりや、サロン前のデッキがエコウッドだったとは・・・(実は、社長から聞くまで知らず、2度ビックリ!!)

確かに触って見るとわかります。 木とは思えないほど頑丈です。 

施工事例を見ると、個人や民間施設と同様に、公共施設への利用が多いということは、それだけの品質を持つ素材であると認識されているということなんでしょうね。

ガーデンテーブルやチェアって、屋外に置くので木製は痛みが早いって印象が強いですが、これなら安心感がありながら、スチールに無い木の温かさが感じられます。公式サイトの事例を見るだけでもけっこう楽しいものです。 

県外や公園への設置例も多いので、近くの公園とか施設とか見に行ってみようと思います。

当社のサロンも事例に載ってましたから、お近くの方は、実際にご覧になってください。

お茶の無料試飲もできますので。

 

エコウッド景観協同組合  http://www.ecowood.or.jp/index.html

   6/7(土)・8(日) に開催のシズオカKAGUメッセ にも (株)くらた さんのブースで出展されるそうです。

竹沢サロン  http://www.takezawa-seicha.co.jp/salon/ 

line
                                                                                                                  ぺージ先頭へ戻る

足久保奥長島で在来茶を楽しむ会


2014.05.27

IMG_9659

IMG_9705

 

5/25(土)静岡市を流れる安倍川上流の足久保、奥長島にて、在来茶を楽しむ会が催されました。

足久保奥長島は、鎌倉時代に聖一国師が持ち帰った茶の種を蒔き、静岡茶の発祥となったといわれる場所です。


20人の参加者や報道関係のみなさんと一緒に段々茶畑でお茶を摘み、そのお茶で作った釜炒り茶、お茶の葉の天ぷら、在来茶そば等を堪能しました。


静岡市街から約40分かけて辿り着いたこの場所は、静岡のマチュピチュとも呼ばれる景色が広がっています。鎌倉時代に始まったと言われる茶づくり。品種改良される遥か以前からこの地で育つ在来茶は、現在、ほんのわずかしか残っていない幻のお茶なのです。


次回のコラムにて、在来茶について詳しくお伝えします。



line
 
                                                                                                                  ぺージ先頭へ戻る

夏の訪れをつげる風物詩といえば・・・?


2014.05.21

rengeji
       hotaru01
 GWが終わり梅雨を迎えるこの季節、夏の訪れをつげる風物詩といえば、ホタルと冷茶でしょうか?
   共通するのは、水ですね!
静岡は藤枝市の、蓮花寺池公園という「花・水・鳥」がテーマの、四季を通じて多くの市民が集う憩いの公園があります。 春になると池の周囲約1.5キロメートルの園路沿いの桜や藤が見ごろとなり、毎年、藤の開花時期にあわせて、ふじまつりが開催されます。 また、ジャンボすべり台や懐かしの白鳥ボート(足こぎのやつです)などもあって、年齢問わず楽しめる場所です。
ここでは、園内の小川の整備・美化に努めたおかげで、数年前から野外音楽堂裏の小川にホタルが自然発生するようになりました。(詳しくは、当社Facebookでもご紹介)
冷茶も、お茶が良いだけでなくおいしいと感じる水と出会うと、お互いに引き立てあって更に上質な表現をしてくれるように思います。 それは、うちでもお水にこだわっているからわかるんです。
皆さんも容器持参でサロンにおいで頂ければ、こだわりの水
をお持ち帰り頂けます。 まずは、一度おためしください。
line

 

井川 大日峠ピクニック広場 (静岡市葵区)


2014.05.08

140507コラム原稿大日峠1
 ここは、標高1200mの静岡市北部に位置する、井川湖・南アルプス連峰を望む眺望の開けた場所で、一帯は大日高原と呼ばれます。
そんな自然の素晴らしさを満喫できる場所にピクニック広場があります。
ここには、徳川家康がお茶を保管するために建てさせた蔵があり、平成14年10月に現在の形に復刻されています。
この復刻されたお茶蔵は静岡市の管理の元、現在も実際にお茶の保管に利用されています。
家康は、名器と称えられるいくつもの茶壷に詰められた御用茶を、夏の間、冷涼な高地で大切に保管し、そして秋になるとお茶を駿府城に運ばせ、熟成したお茶の深い味わいを楽しんだと言われています。
でも ・ ・ ・現代でその「熟成茶」を楽しめるのは、天下人・家康公ではなく、ごく普通~~の市民なんですけどネ!
line

                                                                                                                  ぺージ先頭へ戻る

新茶は甘い?


2014.05.03

茶平線 茶平線?
DSCN0578
 お茶の成分の中でも大きな3つにテアニン・カテキン・カフェインがあります。
カテキンは抗酸化作用で話題になりましたが、昔からタンニンと呼ばれていた渋みのもとです。 カフェインは、特にコーヒーでもおなじみ、苦みのもとです。 お茶の甘み成分は、アミノ酸の一種「テアニン」によるものです。
テアニンはグルタミン酸に近い構造をしており、上品な旨みと甘みが特徴です。テアニンは、日光にあまりさらされていない茶葉に多く含まれる成分で、前年から栄養を蓄えてくる新茶の芽には、この成分がタップリ含まれるため甘いのです。
また、テアニンにはお茶を美味しくするだけでなく、神経保護作用・リラックス
作用があることがわかっています。

お茶を飲んだ時に、ホッと一息ついた安らぎを感じることがあるのは、テアニンによる癒し効果であるともいわれています。
2番茶・3番茶になるにつれ、テアニンは減少しカテキンが増えてきます。
新茶独特の「新緑のようにさわやかな味と香り」は、一年で今の時期しか味わえない~自然の恵み~そのものではないでしょうか?

line

 バックナンバー39

ページ先頭へ戻る
    本社・工場
  • 〒420-0005
    静岡県静岡市葵区北番町61の2
    TEL:054-271-3355
    平和工場
  • 〒420-0876
    静岡県静岡市葵区平和3丁目20番8号
    TEL:054-271-2288
    牧ヶ谷工場
  • 〒421-1221
    静岡県静岡市葵区牧ヶ谷2063
    TEL:054-278-4503
    北番町冷凍・冷蔵倉庫
  • 〒420-0005
    静岡県静岡市葵区北番町117-6
    TEL:054-251-7360